cfp2014

第106回音楽情報科学研究会・第35回エンタテインメントコンピューティング研究会
合同研究発表会 参加募集

=========================================================================
第106回音楽情報科学研究会・第35回エンタテインメントコンピューティング研究会
合同研究発表会 参加募集
=========================================================================

今回は情報処理学会音楽情報科学研究会とエンタテインメントコンピューティング研究会の共催による合同研究発表会です.最新の研究成果について,学際的な議論や普段会えない研究者との交流が可能です.また両研究会の合同企画といたしまして,「『魅せる』 の工学」と題した企画セッションを開催します.奮ってご参加ください.本研究会は2日間の合宿形式で開催し,研究発表の時間の他に,討論の時間を長く取っております.事前申し込みの上,宿泊参加頂くことを強くお勧め致します.宿泊費用は,一泊あたり一般15,000円,学生10,000円です.下記の【参加登録・宿泊申込】にて登録,および宿泊の申込を受け付けています.

*****************************
■ 開催概要 
日時: 2015年3月2日(月)- 3月3日(火)
会場: 甲府富士屋ホテル
住所: 〒400-0073 山梨県甲府市湯村3-2-30
交通: JR甲府駅よりバスで約10分 http://www.kofufujiya.jp/access/index.html
※会場は甲府駅の北西ですが,ホテルに行くバス停は南口(改札で出て左折して直進)にあります.
北口にもバスターミナルがありますのでご注意ください.

■ 参加登録・宿泊申込: 
本研究会は2日間の合宿形式で開催し,研究発表の時間の他に,討論の時間を長く取っております.事前申し込みの上,宿泊参加頂くことを強くお勧め致します.宿泊費用は,一泊あたり一般15,000円,学生10,000円です.下記のWebページにて参加登録,および宿泊の申込を受け付けています.
http://goo.gl/Y7MUyr

申込〆切: 2月8日(日)※申し込み〆切を延長しました

参加登録・宿泊申込に関する問合先: 森勢将雅(山梨大学)
E-mail: contact[at]sigmus.jp

■ 研究会参加費
研究会登録者・準登録者:無料
一般: 情報処理学会正会員:2,000円
一般: 情報処理学会非会員:3,000円
学生: 情報処理学会学生会員:500円
学生: 情報処理学会学生非会員:1,000円
(http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html )
注) 論文は紙でなくPDFでの配付ですので,パソコン等をご持参下さい.

■ MUS/EC 合同企画: 『魅せる』の工学 (1日目/3月2日) 
概要: エンターテインメントコンピューティングや音楽情報科学の研究領域においては多数の「楽しい」インタラクティブシステムが制作されてきた.本企画セッションでは,福地氏(明治大),寺田氏(神戸大),松浦氏(東京電機大),橋田氏(相愛大)を話題提供者として迎え,ショーやイベントにおいて一般聴衆に楽しんでいただく(=『魅せる』)ことを目標としてインタラクティブシステムをデザイン/使用するにあたっての課題や解決手段に焦点をあてた議論を実施する.
     
モデレータ:片寄晴弘(関西学院大学)
登壇者
  福地 健太郎(明治大学)
  寺田 努(神戸大学)
  松浦 昭洋(東京電機大学)
  橋田 光代(相愛大学)

■ ライブ動画中継
本研究会の発表の様子は(一部を除き)動画共有サービス[Ustream]と[ニコニコ生放送]で動画中継されます.研究会に直接参加できない方でも発表をご覧になれますし,当日会場にいらっしゃる方も後で録画を見直すことができます.動画中継についての経緯や狙いについては次のページをご覧下さい.
http://www.sigmus.jp/?page_id=966

■ ポジションペーパー名札
参加者の交流促進や議論活性化に活用できるポジションペーパー名札を導入しています.
http://www.sigmus.jp/?page_id=1223
聴講のみのご参加の方も上記ページの説明をよくお読みになって,参加当日までに同様の名札を作成して会場へご持参されることをお勧めします.

■ 目安箱設置 (SIGMUS)
SIGMUSをより魅力的な研究会とするために,ご参加の皆様の声をいただきたく,今回の研究会より目
安箱を設置いたします.会場にいらっしゃるまでに,あるいは,研究会に参加されている中で思われ
た,SIGMUSに対する提案や意見などを以下のフォームからお寄せください.
http://goo.gl/i87zOU

■ チャットシステム
チャットシステム「On-Air Forum:リアルタイムコンテンツ視聴中のコミュニケーション支援システム」を今回も運用します.このチャットシステムを利用するためにはPCとWiFi接続が必要となります.できる限りPCとWi-Fiアクセス手段を個人で準備するようにしてください.

*****************************
【研究発表会プログラム】 
合同企画セッションを除き1件20分(質疑応答含む)

3月2日(月)

●12:30 受付開始

●13:00-13:05 開会挨拶

●13:05-15:05 【合同企画セッション】
(1) 『魅せる』の工学
 片寄晴弘(関西学院大学),福地健太郎(明治大学),寺田 努(神戸大学) ,松浦昭洋(東京電機大学),橋田光代(相愛大学) 

●15:20-17:00 【『魅せる』の工学(一般)】
(2) 牽引力錯覚と映像錯覚による空中投映物体との接触感提示手法
 ○池田 泉,井上亮文,星 徹(東京工科大学)
(3) 振動モータアレイを使った音楽の物理的臨場感提示システムの提案
 ○柳 翔太,吉田直人,米澤朋子(関西大学)
(4) タッチインタラクションを想定したリアルタイム・モーダルチェンジ・インタラクションシステムの構築
 ○黒田元気,伊藤彰教(東京工科大学),渡邉賢悟(渡辺電気株式会社),伊藤謙一郎,近藤邦雄(東京工科大学)
(5) インタラクティブプロジェクションマッピングの実践事例報告
 ○小笠 航,片寄晴弘(関西学院大学)
(6) 音楽エンタテインメントを「作る」 ~SUACスタジオレポート2014~
 ○長嶋洋一(静岡文化芸術大学)

●17:15-18:35 【同期・伴奏】
(7) 伴奏システムにおける独奏者の演奏意図学習のためのリハーサル
 ○山田彩歌,堀内靖雄,黒岩眞吾(千葉大学)
(8) 演奏記号を考慮したバイオリン運指の推定
 ○長田若奈,酒向慎司,北村 正(名古屋工業大学)
(9) 伴奏システムのための演奏時刻予測モデル
 ○和田静花,堀内靖雄,黒岩眞吾(千葉大学)
(10) 映像の盛り上がり箇所に音楽のサビを同期させるBGM付加支援手法
 ○佐藤晴紀(早稲田大学/JST CREST),平井辰典(早稲田大学),中野倫靖,後藤真孝(産業技術総合研究所),森島繁生(早稲田大学/JST CREST)

●19:00-21:00 夕食懇親会 (宿泊者のみ)

3月3日(火)  
●9:30-10:30 【歌声・歌唱分析】
(11) F0動的成分に着目した歌唱のグルーブ感の分析
 ○新居 優,片寄晴弘(関西学院大学)
(13) 声道形状と声帯音源モデルを利用したグロウル系歌唱音声への実時間変換法の提案
 ○溝渕翔平,西村竜一,入野俊夫,河原英紀(和歌山大学)
(14) HMM歌声合成における音声データの誤りに頑健なモデル化手法の検討
 ○虫鹿弘二,中村和寛,橋本 佳,大浦圭一郎,南角吉彦,徳田恵一(名古屋工業大学)

●10:45-12:05 【エンタテインメントコンピューティング】
(15) 生体信号の情報処理のためのプラットフォームについて
 ○長嶋洋一(静岡文化芸術大学)
(17) スマートフォンを用いたボールリフティングスキル自動評価手法の検討
 ○卯田駿介,馬場哲晃,串山久美子(首都大学東京)
(18) 投映面の特性を3DCGに反映させるシステムSUNDIALの色認識機能への拡張
 ○岡田昌浩,井上亮文,星 徹(東京工科大学)
(19) 環境音に潜むリズムと音階の音楽要素化による音変換手法の提案~絶対音感覚の擬似表現~
 梅本沙織,中 祐介,吉田 直人,○米澤朋子(関西大学)

●12:05-13:20 昼食

●13:20-14:00 【演奏・楽器】
(20) 空間指向性を含む繰り返し音楽の制御と演奏効果の検証
 ○石野 力,伊納洋祐,米澤朋子(関西大学)
(21) BathDrum2: 叩打位置と音色を利用した浴槽打楽器
 ○伊藤大毅,平井重行(京都産業大学)

●14:00-15:00 【楽曲分析】
(22) 無伴奏曲の認知的音楽理論による分析
 ○橋田光代(相愛大学),片寄晴弘(関西学院大学)
(23) 木構造に基づく時系列メディア表現法の提案とその操作系の実現に向けて
 ○平田圭二(公立はこだて未来大学),東条 敏(北陸先端科学技術大学院大学),浜中雅俊(京都大学),長尾 確(名古屋大学),北原鉄朗(日本大学),松原正樹(筑波大学),吉井和佳(京都大学)
(24) ヒットチャートランキング上位に入る楽曲の特徴分析
 ○横山真男,斉藤勇也(明星大学)

●15:15-16:35 【印象分析・多重音解析】
(25) ダンスモーションにシンクロした音楽印象推定手法の提案とダンサーの表情自動合成への応用
 ○朝比奈わかな,岡田成美,岩本尚也,増田太郎,福里 司,森島繁生(早稲田大学/JST)
(26) スペクトログラム画像を用いた楽曲印象分類による時間及び周波数情報と印象の関係分析手法の提案
 ○宮谷大輝,中山英樹(東京大学)
(27) 音声の好感度改善補助ツールの開発を目指した好感度改善方法の検討
 ○吉元照貴,西村竜一,入野俊夫,河原英紀(和歌山大学)
(28) 全極スペクトルモデルを用いた調波時間因子分解による多重音解析
 ○中村友彦(東京大学),亀岡弘和(東京大学/NTT)

●16:35-16:50 EC研究会学生発表賞表彰・閉会挨拶

*****************************
■SIGMUS第106回担当
会場担当: 森勢将雅(山梨大学) 
プログラム担当:片寄晴弘(関西学院大学)/齋藤大輔(東京大学)
主査:平賀瑠美(筑波技術大学)
幹事:北原鉄朗(日本大学)/馬場哲晃(首都大学東京)/平田圭二(公立はこだて未来大学)/吉井和佳(京都大学)/亀岡弘和(NTTコミュニケーション科学基礎研究所/東京大学)

■SIGEC第34回担当
プログラム担当: 橋田光代(相愛大学)
主査: 倉本到(京都工芸繊維大学)
幹事: 井村誠孝(大阪大学)/坂本大介(東京大学)/馬場哲晃(首都大学東京)/鳴海拓志(東京大学)

研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
 音楽情報科学研究会 http://www.sigmus.jp/
 エンタテインメントコンピューティング研究会 http://www.entcomp.org/sig/


第34回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会

========================================================================
第34回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会
========================================================================

日時: 2014年12月19日(金),20日(土)
※日本バーチャルリアリティ学会アート&エンタテインメント研究会協賛となります.
※発表申込多数の場合は運営委員会で審議の結果,発表をお断わりする場合もありますので,
あらかじめご了承ください.
また,発表件数によっては20日(土)一日開催となる場合もあります.

場所: 九州大学 大橋キャンパス 5号館 501教室
    〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
    http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/access

申込締切: 10月24日(金)
原稿締切: 11月25日(火)

協賛: 日本バーチャルリアリティ学会アート&エンタテインメント研究会

対象分野:
本研究会では,新しいエンタテインメントを創造するためのエンタテインメント
技術の研究,「面白さ」の基本要素の解明や評価法の確立に向けたエンタテイン
メント性の研究,教育・エクササイズ・福祉などの様々な分野での応用研究などを
対象分野としています.エンタテインメントコンピューティング分野での研究
成果を是非,ご投稿いただければ幸いです.

*** 申込方法 ***********************************************************

【発表申込み方法】
発表される方は以下の情報処理学会新投稿システムの「発表申込」よりお申込み
ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EC/

原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら,下記のメール
アドレスまでお問い合わせください.
照会先: 松隈浩之 (九州大学)
E-mail: kuma@design.kyushu-u.ac.jp


【学生発表賞について】
EC研究会では,学生の優秀な発表に対して,学生発表賞を授与しております.
発表者が学生の場合,申込の際に,「研究会への連絡事項」の欄に「学生発表」
と記入してください.

【懇親会について】
発表初日の夜に懇親会を予定しております.当日参加も受け付けます.
詳細は研究会のwebでご案内致しますので,ご確認下さい.

研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
エンタテインメントコンピューティング研究会 http://www.entcomp.org/sig/
****************************************************************



プログラム
-----

12月19日(金)
●第1セッション
13:30~13:55
(1)A Hybrid Game Contents Streaming Method to Improve Graphic Quality Delivered by Cloud Gaming 
Chan Kar Long
 
14:00~14:25
(2)マイクロタスク埋め込み型音楽ゲームの提案
三輪 聡哉 (明治大学総合数理学部)
 
14:30~14:55
(3)humosic:直感的な音楽パフォーマンス体験を可能にする複数種類のセンサーを用いたメディアアート
吉田 紘希 (九州大学大学院芸術工学府) 
 
●休憩(14:55~15:25)
 
●第2セッション 
15:30~15:55
(4)Stick'n Roll: 曲面ディスプレイ上で棒状インタフェースを操作するコンピュータシステムとその応用 
松浦 昭洋(東京電機大学)
 
16:00~16:25 
(5)直接触れ合えるキャラクタの動作行動開発環境
三武 裕玄 (東京工業大学)
 
16:30~16:55
(6)“口の形”をコントローラーにしたゲームの開発
角町 寛(九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻)
 
17:30~20:00 懇親会
 
12月20日(土)
●第3セッション
10:30~10:55
(7)ゲーミフィケーションにおける娯楽要素の組み合わせと作業効率
一ノ瀬 智浩(奈良工業高等専門学校)
 
11:00~11:25
(8)魚の位置に対応した水槽プロジェクションシステムの提案 
小山内 晴紀(愛知工業大学)
 
●昼食(11:25~12:55) 
 
●基調講演 13:00~14:00
(9)DIY×電子工作×ファブラボの可能性
 講師:柳瀬隆志	
 嘉穂無線株式会社 代表取締役副社長兼営業本部長 ファブラボ太宰府責任者
 株式会社イーケイジャパン 代表取締役社長 http://www.elekit.co.jp/
 
●休憩(14:00~14:15)
 
●第4セッション
14:15~14:40
(10)得点なにそれ: 初心者支援のための麻雀自動得点計算アプリケーションの開発 
松井 雪治(愛知工業大学大学院 経営情報科学研究科)
 
14:45~15:10
(11)太極拳を用いたヘルスケアゲームの研究および開発
緒方 貴之 (九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻)

-----

関連イベント
● dotFes2014福岡(日時:12/21 会場:九大 大橋キャンパス 有料)
http://www.dotfes.jp/2014fukuoka/
学会の翌日に同じ場所で開催されます。

● 九州大学総合研究博物館公開展示「ふくおかをしあわせにするデザイン」(日時:12/20〜26 会場:福岡市役所 無料)
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/publications/annual_exhibitions/2014/
芸術工学部特集です。場所は天神です。


第33回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会(メタ研究会)

1315 受付開始 # 集合時間
1330 第1セッション(5件,1件30分=2.5h)
  (1)「エンタテインメント科学」から「エンタテインメント学」へ
     長嶋洋一(静岡文化芸術大学)
  (2)アイディアの共有手段としてのエンタテインメント
     金谷一朗(大阪大学),ジェイ クラパーキ(京都外国語大学)
  (3)偶然性を演出するエンタテインメントコンピューティング
     水口充(京都産業大学)
  (4)EC研究会とグローバル化について
     片寄晴弘(関西学院大学)
  (5)娯楽系表現制作物の訴求力の分析手法の比較および検討
     竹野真帆((株)Mutations Studio),高田明典(フェリス女学院大学)
1630 エクスカージョン(京都寺社見学)(~1800)
1800 夕食(~1930)
2000 第2セッション・ディスカッション「EC研究の未来」(~2130)
2200 ミッドナイトセッション

2日目
0800 朝食
0900 第3セッション(2件=1h)
  (6)バイオフィードバックゲームの医療応用
     棟方渚(北海道大学大学院情報科学研究科)
  (7)観光における拡張現実感のエンタテインメント性に関する一考察
     山本豪志朗(奈良先端科学技術大学院大学)
1000 第4セッション・メタ研究会のまとめディスカッション(~1045)
1100 終了

第32回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会

日時: 2014年6月6日(金),7日(土)
※電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会との連催になり
ます.
※発表申込多数の場合は運営委員会で審議の結果,発表をお断わりする場合もあ
  りますので,あらかじめご了承ください.
 また,発表件数によっては7日(土)一日開催となる場合もあります.

場所: 北海道大学大学院 情報科学研究科 2階A21教室
      〒060-0814 北海道札幌市北区北14条西9丁目
      http://www.ist.hokudai.ac.jp/access/
      
[プログラム]

6月6日(金) 午前 EC1: インタラクティブシステム (09:00~11:00)

(1) 09:00 - 09:30
SNSの投稿を用いた感情記録ライフログシステム ~ Emote ~
○三井 健史・伊藤 智也・中西 勇人・濱川 礼(中京大)

(2) 09:30 - 10:00
Iridescent I/O シャボン玉をスイッチとする電子デバイスの提案
○平山 詩芳・筧 康明(慶應大)

(3) 10:00 - 10:30
プロジェクションマッピングを用いたぬり絵ツールにおける投影像と距離の関係
○熊谷 賢二・向田 茂・隼田 尚彦・斎藤 一・安田 光孝(北海道情報大)

(4) 10:30 - 11:00
赤外光源と偏光板を用いた重畳情報の選択的視覚化
○阪口 紗季・東納 ひかり・松下 光範(関西大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

6月6日(金) 午前 EC2: 支援 (11:10~12:40)

(5) 11:10 - 11:40
dePENd2.0: 多方向牽引力を用いた描画支援のためのペン型デバイス
○山岡 潤一・筧 康明(慶應大)

(6) 11:40 - 12:10
アニメキャラクタの顔における特徴量抽出手法の提案と実装
○山田 太雅・棟方 渚・小野 哲雄(北大)

(7) 12:10 - 12:40
3Dプリンターを用いた知育玩具作成支援システム「といぷり」
○諸戸 貴志・小島 章裕・大橋 省吾・濱川 礼(中京大)

--- 昼食 ( 60分 ) ---

6月6日(金) 午後 MVE1: シミュレーション・応用システム (13:40~15:00)

(8) 13:40 - 14:10
サービスフィールドシミュレータによる行動調査手法の検討
○大隈隆史・蔵田武志(産総研)

(9) 14:10 - 14:40
全周囲パノラマ画像を利用した携帯端末による家電の遠隔操作支援システム
○谷 直人・小寺達也・杉本麻樹(慶大)

(10) 14:40 - 15:00
マーカとタブレットを利用した民族楽器のリズム演奏システムの検討
○大西克彦・田中悠策・足立尚寛・山路敦司(阪電通大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

6月6日(金) 午後 EC3: 評価 (15:10~17:10)

(11) 15:10 - 15:40
作曲者意図とリスナーの特性による楽曲印象の比較
○エバンズ ベンジャミン ルカ・棟方 渚・小野 哲雄(北大)

(12) 15:40 - 16:10
大教室での講義活性化のためのリアルタイムコミュニケーションツールの開発と評価
○安田 光孝(北海道情報大)・前田 真人(電子開発学園)

(13) 16:10 - 16:40
3指を用いたタッチパネル入力の評価と考察について
○井上 育美・棟方 渚・ジェプカ ラファウ・荒木 健治(北大)

--- 懇親会 ---

6月6日(金) 18:30 - 20:10 キリンビール園中島公園店
参加希望の方はメールで事前申込み,または6日当日(午前)に受付でお申込み下さい.
(お問い合わせ:棟方まで) munekata@complex.ist.hokudai.ac.jp


6月7日(土) 午前 EC4: 分析 (09:00~10:30)

(14) 09:00 - 09:30
Testing of several function approximations for a partially observable card game
○Jana Backhus Cathrin・Hidetoshi Nonaka・Takeshi Yoshikawa・Masanori Sugimoto(北大)

(15) 09:30 - 10:00
照明変化を考慮した見かけ制御投影法の基礎検討
○山本 豪志朗・志水 友輔・武富 貴史・加藤 博一(奈良先端大)

(16) 10:00 - 10:30
臨書初級者のための文字バランス学習支援システムの構築
○野波 淳里・竹川 佳成(はこだて未来大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

6月7日(土) 午前 EC5: ゲーム (10:40~13:00)

(17) 10:40 - 11:10
人間すごろく:植生遷移学習のための等身大ボードゲーム
○吉田 龍一・足立 孝之(東京理科大)・村津 啓太(神戸大)・溝口 博(東京理科大)・生田目 美紀(筑波技術大)・杉本
雅則(北大)・楠房子(多摩美術大)・山口 悦司・稲垣 成哲・武田 義明(神戸大)

(18) 11:10 - 11:40
聞き分けゲーム:音源分離技術を利用した児童向けコンピュータ・エンタテインメント
○中代 貴大・田口 智貴(東京理科大)・江草 遼平(神戸大)・生田目 美紀(筑波技術大)・杉本 雅則(北大)・楠
房子(多摩美術大)・山口悦司・稲垣 成哲・武田 義明(神戸大)・溝口 博(東京理科大)

--- 昼食 ( 50分 ) ---

(19) 12:30 - 13:00
コンソール/モバイルゲームの訴求構造抽出手法の提案
○竹野 真帆・大槻 一彦(株式会社Mutations Studio)・高田 明典(フェリス女学院大学)

6月7日(土) 午後 ポスターセッション (13:00~14:30)

(20) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]ボディウォーンカメラと手持ちカメラの連携による撮影支援
○篠田美香子・酒田信親・西田正吾(阪大)

(21) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]プロトタイピングによるエンタテインメントの創造
○青木直史(北大)

(22) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]グループで共有したライフログの検索
○佐藤 勝・全 炳東(千葉大)

(23) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]効率的な業務分析のためのサービスオペレーション推定システムの開発に向けて
○加藤狩夢(筑波大)・天目隆平・牧田孝嗣・蔵田武志(産総研)

(24) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]テオ・ヤンセン機構を持つ生物を模した歩行機械の試作
○葛西紘貴・辻 順平・山内 翔(北大)

(25) 13:00 - 14:30
[ポスター講演]低コストなレーザープロジェクタの試作
○瀬口泰生・葛西紘貴(北大)

6月7日(土) 午後 MVE2: 多視点映像・基礎技術 (14:30~17:10)

(26) 14:30 - 15:00
映像コンテキストに基づく多視点映像の視点列推薦
○汪 雪婷・村松祐希・平山高嗣・間瀬健二(名大)

(27) 15:00 - 15:30
アクティブマーカを用いた注視判別システム
○加藤大暁・中澤篤志・西田豊明(京大)

(28) 15:30 - 16:00
複合現実感システムのための空中像と実物体の位置合わせ
○高橋一成・金 ハンヨウル・小泉直也・苗村 健(東大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

(29) 16:10 - 17:10
企画セッション「アート&エンタテインメントと論文査読」
○長谷川晶一、○渡邊淳司、○筧康明、○馬場哲晃、○岩井大輔



下記発表申し込み内容です.すでに締め切られています.
========================================================================
第32回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会
========================================================================

日時: 2014年6月6日(金),7日(土)
※電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会との連催になり
ます.
※発表申込多数の場合は運営委員会で審議の結果,発表をお断わりする場合もあ
  りますので,あらかじめご了承ください.
 また,発表件数によっては7日(土)一日開催となる場合もあります.

場所: 北海道大学大学院 情報科学研究科 2階A21教室
      〒060-0814 北海道札幌市北区北14条西9丁目
      http://www.ist.hokudai.ac.jp/access/

申込締切: 4月11日(金)
原稿締切: 5月2日(金)

連催: 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会

対象分野:
本研究会では,新しいエンタテインメントを創造するためのエンタテインメント
技術の研究,「面白さ」の基本要素の解明や評価法の確立に向けたエンタテイン
メント性の研究,教育・エクササイズ・福祉などの様々な分野での応用研究などを
対象分野としています.エンタテインメントコンピューティング分野での研究
成果を是非,ご投稿いただければ幸いです.

*** 申込方法 ***********************************************************

フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら,下記のメール
アドレスまでお問い合わせください.
照会先: 棟方渚 (北海道大学)
E-mail: munekata@complex.ist.hokudai.ac.jp

原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

【発表申込み方法】
発表される方は以下の情報処理学会新投稿システムの「発表申込」よりお申込み
ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EC/

【学生発表賞について】
EC研究会では,学生の優秀な発表に対して,学生発表賞を授与しております.
発表者が学生の場合,申込の際に,「研究会への連絡事項」の欄に「学生発表」
と記入してください.

【懇親会について】
MVE研究会と合同で懇親会を予定しております.当日参加も受け付けます.
詳細は研究会のwebでご案内致しますので,ご確認下さい.

研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
エンタテインメントコンピューティング研究会 http://www.entcomp.org/sig/

=======================================================================