18 2月

第43回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会研究発表会のご案内

2017_ec43_lecture_ag

たくさんのご投稿ありがとうございました.研究会は10,11日の2日開催となります.

発表プログラム

*発表時間: 25分(15分発表10分質疑を目安)

■ 1日目:2017年3月10日(金)
10:00 – 11:40 【セッション1:AR/VR】
(1) 説明員がヘッドマウントディスプレイ体験者を誘導するための支援システム
若林 裕太,宮下 芳明(明治大学)

(2) 投影マーカとジェスチャを用いた仮想オブジェクト操作方法の提案
赤星 俊平,阪口 紗季,松下 光範(関西大学)

(3) HMDを用いた家庭用ゲームにおけるVR酔いを抑えた移動手法の予備検討
植田 裕貴,星野 准一(筑波大学)

(4) UPP (Unreal Prank Painter): 悪戯の楽しみに着目したAR落書きコンテンツの構築
安東 俊之介,片寄 晴弘(関西学院大学)

—— 昼食 ——

13:00 – 14:00 【招待講演】
(5) 声優、アニメに対する日本の非常識、世界の常識
堀川りょう

14:30 – 15:45 【セッション2:デバイス開発】*
(6) 平面に接触した実物体の特徴および接触圧を反映したデジタルペイントシステムの評価
小坂 真美,藤波 香織(東京農工大学)

(7) 光センサを用いた非接触歯圧推定デバイス
板橋 孝典,正井 克俊,杉浦 裕太,杉本 麻樹(慶應義塾大学)

(8) ChanJar:自由に2つの液体の混合比を変更できる水筒の開発
松本 華歩,村上 真菜(津田塾大学),栗原 一貴(津田塾大学/Diverse技術研究所)

15:55 – 17:10 【セッション3:発見】*
(9) 調理行動からの個性抽出の可能性に関する検討
土屋 駿貴,中村 聡史(明治大学)

(10) 多人数会話での自然な視線・動作を実会話事例の学習により実現する会話エー
ジェント
葛島 健人,三武 裕玄,長谷川 晶一(東京工業大学)

(11) 楽器練習者の楽器練習者による楽器練習者のための「弾いてみた動画」順位付け手法
金澤 優太,西本 一志(北陸先端科学技術大学院大学)

18:00 – 【懇親会】

———————————————————————–

■ 2日目:2017年3月11日(土)

10:00 – 12:05 【セッション4: 支援】
(12)Lifestyle Agent:生活習慣管理の意識付けを支援する対話システム
河田 隼季,大河原 一輝(筑波大学),牟田 将史,益子 宗(楽天株式会社楽天技術研究所),星野 准一(筑波大学)

(13)容易なLED点滅パターン生成を可能にした制御情報設定手法の提案
長瀬 大護,藤波 香織(東京農工大学)

(14)発表時における視線誘導システムの検討
塚越 さくら,村上 莉沙(津田塾大学),栗原 一貴(津田塾大学/Diverse技術研究所)

(15)日常生活に埋め込まれた無意識的音楽創作行為を利用した作曲支援の試み
柳 卓知,西本 一志(北陸先端科学技術大学院大学)

(16)対戦型格闘ゲームの観戦支援システムの試作と評価
長谷川 和也,梶並 知記(岡山理科大学)

—— 昼食 ——

13:00-14:15 【セッション5:影響】
(17)サッカーのネタバレが観戦者の態度に及ぼす影響
白鳥 裕士,中村 聡史,小松 孝徳(明治大学)

(18)特定文字列を用いた周辺視野における知覚的鋭敏化の特性解明
大野 直紀,中村 聡史(明治大学)

(19)Relation between facial expression and user described episodic memory timeline
長谷川 晶一,LOPEZ PORTILLO BARROSO ERIK(東京工業大学)

14:25-15:15 【セッション6:報告】
(20)欧州のシリアスゲーム状況報告
長嶋 洋一(静岡文化芸術大学)

(21)EC42—第10回のメタ研の報告
長谷川 晶一(東京工業大学),杉浦 裕太(慶應義塾大学),稲見 昌彦(東京大 ),
片寄 晴弘(関西学院大学),阪口 紗季(関西大学),佐々木 智也,杉本 麻樹(慶應義塾大学),
橋田 光代(相愛大学),星野 准一(筑波大学),三武 裕玄(東京工業大学),
水口 充(京都産業大学),簗瀬 洋平(ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)

Read More

18 1月

EC43では堀川りょう氏の講演を予定しています

講演題目:声優、アニメに対する日本の非常識、世界の常識

本招待講演では、ドラゴンボールZのベジータ役、名探偵コナンの服部平次役など数々の人気アニメ作品で知られる声優の堀川りょう氏に日本を代表するエンターテイメントであるアニメの声優の実態についてお話頂きます。
日本のエンターテイメント業界での声優の地位や知名度は、俳優や歌手、アイドルに対し著しく低く扱われおり、アニメは映画やテレビドラマに比べて子供向けのものであるとされることが少なくありません。また、アニメそのものもカルチャーの扱いでなく、サブカルチャーの扱いを不当に受けています。しかし、世界での評価は全く異なります。世界での日本の声優の地位、知名度は、ハリウッド映画スターに匹敵します。同時に世界では、日本のアニメはハリウッド映画と同等の文化としての評価を受けており、立派な日本のカルチャーとして受け入れられています。既に『アニメ』という単語は日本制作のアニメーションという独自の意味を持つ英語として使われており、日本以外の世界中の人に共通の認識を持たれています。アメリカでは、アニメコンベンションという日本アニメの愛好家のお祭りが年間400回も行われており、最大規模のL.A.のアニメエキスポには、6万人弱の来場者を集めるほどの盛り上がりを見せています。
本講演では、以上のような海外でのアニメ作品の人気の広がりやアニメをとりまく実情を始め、声優になるためのレッスンの方法や、日本人の日本語の聴取や発話の秘密などの知見を共有頂きます。エンターテイメントと科学のコラボレーションを目指す堀川氏が見る日本のアニメの未来についてご講演頂きます。

本講演会参加にはEC43CFP(Call for Paper)研究会参加を参照してください.

11 1月

IFIP International Conference on Entertainment Computing 2017

IFIP International Conference on Entertainment Computing 2017 (IFIP ICEC 2017) will be held at Tsukuba, Japan.

Homepage  http://icec2017.net

IMPORTANT DATES
Full and Short technical, contents, survey papers: April 10th, 2017
Poster papers: April 10th, 2017
Notification to authors: June 10th, 2017
Camera ready due: June 20th, 2017
Doctoral consortium applications: August 1st, 2017
Conference: September 19-21th, 2017

Read More

23 5月

EC2016のCFPが公開

Entertainment Computing 2016(EC2016)のCall for Paperがアナウンスされました.奮ってご投稿ください!!発表申込締切: 6月24日(金)、原稿提出締切: 7月29日(金)です.詳しくはhttp://ec2016.entcomp.org へ.