05 12月

第50回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会

==================================================
第50回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会
==================================================

日時: 2018年12月21日(金),22日(土)

場所: 公立はこだて未来大学 講堂
〒041-8655 北海道函館市亀田中野町116-2
https://www.fun.ac.jp/access/

【プログラム】

萌芽的発表 発表時間: 10分 質疑応答5分 計15分
一般発表   発表時間: 17分 質疑応答8分 計25分
(*は連絡者)

1日目
9:20 – 9:25 :オープニング
9:25 – 10:35 :ディスプレイ(1) (4件)
1. [萌芽] バーチャルリアリティで他者の視点を体感するドライビングシミュレータの研究
*荒田啓太郎,角 薫(公立はこだて未来大学)
2. [萌芽] サーモクロミックを用いた表情制御手法の提案
*梅澤章乃,竹川佳成(公立はこだて未来大学),徳田雄嵩,Diego Martinez Plasencia,Sriram Subramanian(University of Sussex),平田圭二(公立はこだて未来大学)
3. [萌芽] エンターティメントとしての茶会におけるプロジェクションマッピングの試み
*小栗真弥(名古屋大学大学院),水野慎士(愛知工業大学),小栗宏次(愛知県立大学),浦田真由,遠藤 守,安田孝美(名古屋大学大学院)
4. [一般] 仮想と現実の相互作用を実現するAR紙相撲対戦システム
*福山裕幸(北海道大学大学院),飯田勝吉,高井昌彰(北海道大学)

10:50 – 11:55 :ディスプレイ(2) (3件)
1. [萌芽] スマートフォンを拡張したインタラクティブな残像ディスプレイの提案
*玉井由良,沖 真帆,塚田浩二(公立はこだて未来大学)
2. [一般] GWAPによる映像エフェクト辞書構築手法
*平井彰悟,角 薫(公立はこだて未来大学)
3. [一般] 登壇発表におけるライブ中継のためのスイッチング支援システムの改良とその評価
*遠藤史央里,竹川佳成(公立はこだて未来大学),松村耕平(立命館大学),平田圭二(公立はこだて未来大学),五十嵐健夫(東京大学)

11:55-13:15: 昼休み

13:15 – 14:50 :描画・色 (5件)
1. [萌芽] 自分自身と外界との関係を再構築するインタラクティブファッションの提案 -音と色を介したプロトタイプ-
*菊池 紬,岡本 誠(公立はこだて未来大学)
2. [萌芽] 点画と文字バランスに着目した臨書学習支援アプリケーションの提
*堀沙枝香,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)
3. [萌芽] 都市の色の特徴を発見するデジタルダイアグラム
*菊地遥太,岡本 誠(公立はこだて未来大学)
4. [一般] 描画形状把握のための消去指向型描画スタイルの提案と有用性の検
*黒滝理帆,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)
5. [一般] イラスト描画支援の実現に向けた図形分解手法及び描画順決定手法の提案
*齊川聡基,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)

15:05 – 16:40 :教育 (5件)
1. [一般] ジグソー・テキストの測定・分析とさまざまなコンテンツへの応用
*山口 琢(フリー),大場みち子(公立はこだて未来大学)
2. [一般] 知的行動の記録・分析ツールを用いた教育の実践
*大場みち子(公立はこだて未来大学),山口 琢(独立系研究者)
3. [萌芽] 論理パズルによる論理的思考トレーニングシステムの研究
*関 悠弥,角 薫(公立はこだて未来大学)
4. [萌芽] 演技とビジュアライゼイションを用いた英語学習システム
*山崎健成,角 薫(公立はこだて未来大学)
5. [萌芽] 歩行足音を用いた人手を介さない個人識別システムの初期的検討
*堀 佑貴,安藤崇央,福田 晃(九州大学大学院)

16:55 – 18:25 :コミュニケーション(1) (4件)
1. [萌芽] 偶然の遊びにおけるインタラクションの楽しさ
*水口 充(京都産業大学)
2. [一般] 声量制御のためのホワイトノイズ手法と音声フィードバック手法の構築と検証
*原 史也,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)
3. [一般] 親子間の会話を促進するゲームの設計とその評価
*新村拓也,秋岡明香(明治大学大学院)
4. [一般] マルチモーダルデータに基づく動作間類似性尺度の提案 – たとえ表現による技能熟達支援に向けて –
*柳田拓郎,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)

2日目
10:00 – 10:55 : 動作(1) (3件)
1. [萌芽] 投球戦略の支援に向けた投球リフレクションシステムの構築
*浦谷成敏,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)
2. [一般] ヒップホップダンスにおける骨格情報を用いた個性抽出の検討
*古市冴佳,阿部和樹,中村聡史(明治大学)
3. [萌芽] ジェスチャによる3次元モデリングのための機械学習を用いた入力形状判別
*松倉聖憲,井村誠孝(関西学院大学)

11:10 – 12:15 :動作(2) (3件)
1. [萌芽] ポケレポGO++ = ポケレポGO+コメンテータ機能
*竹川佳成,宇井さつき(公立はこだて未来大学),松村耕平(立命館大学),真鍋宏幸(NTTドコモ先進技術研究所)
2. [一般] スポーツにおける一人称視点から俯瞰的視点への変換トレーニングシステム
*清水俊希,角 薫(公立はこだて未来大学)
3. [一般] トランプ技術の習得を支援するカード型デバイスの試作と評価
津田顕輝,*沖 真帆,塚田浩二(公立はこだて未来大学)

12:15-13:30: 昼休み

13:30 – 14:25 物語 (3件)
1. [萌芽] 物語と情景描写を自動生成する統合的システムの検討と開発
鈴木諒輔,佐々木奨之,袴田 翔,田中瑞穂,三浦隆太郎,城田晃希,高橋翔太,南部太雅,山田康貴,吉田拓海,松浦史佳,松原千里,寺島啓悟,津沢慎吾,渡邊広基,*村井 源,迎山和司,田柳恵美子,平田圭二,角 薫(公立はこだて未来大学)
2. [萌芽] プレイヤーの感情を利用したゲームベースの物語生成システム
*佐藤秀輔,角 薫(公立はこだて未来大学)
3. [一般] 物語知識とWHAT-IF機能を用いた物語生成支援システム
*八幡 望,角 薫(公立はこだて未来大学)

14:40 – 15:35 ゲーム (3件)
1. [萌芽] ゲーム用語に着目したWord2vecを用いたゲームジャンルの推定精度評価
*大山浩暉,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)
2. [萌芽] 機械学習を用いた音声処理によるオンラインゲーム上の交流ツールの検討
*安孫子智樹,加保貴奈(大阪大学大学院)
3. [一般] 状況に応じた動作を制御するキャラクタAI
*森 寅嘉,角 薫(公立はこだて未来大学)

15:50 – 16:55 音楽 (3件)
1. [萌芽] 参加型デザイン手法「ごっこデザイン」の提案と考察 -音楽体験の場の共創を事例として-
*廣瀬夏和,岡本 誠(公立はこだて未来大学)
2. [一般] 音楽印象と同期した歌詞フォント融合による印象強調手法
*野中滉介,斉藤絢基,中村聡史(明治大学)
3. [一般]
演奏初期でつまずいたピアノ初心者のためのモチベーションを考慮したピアノ学習支援システムの提案
*熊木万莉母,竹川佳成,平田圭二(公立はこだて未来大学)

17:10 – 18:05 :コミュニケーション(2) (3件)
1. [萌芽] 認知症がもたらす記憶障害の疑似体験システムの構築
*上田悠人,井村誠孝(関西学院大学)
2. [一般] ヒューマノイド・ロボットを用いた語用障害をかかえる人との対話を学習するシステム
*矢吹渓悟,角 薫(公立はこだて未来大学)
3. [萌芽] 喜(ヨロコ)ミュニケーション支援EMGインタフェース?咲 (emi)?
笹森なおみ,大山愛莉,長嶺知佳,大塚一生,高木清二,安井重哉,辻 義人,*櫻沢 繁(公立はこだて未来大学)

18:05 – 18:25 :クロージング

———プログラムここまで————————————————————

情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会  (SIGEC)
第50回研究発表会の発表を募集します.
今回は,「萌芽的研究」と題しまして,通常の研究発表と比較してより短い研究発
表による発表を予定しております.
萌芽的研究の研究発表時間は、通常の研究発表の発表時間の半分になります.
例えば,学生さんが開始したばかりの発展途上の研究発表や,研究テーマの筋の良
さを確認するための研究発表など気軽にご発表いただける場になればと考えており
ます.ぜひ,積極的なご応募をお待ちしております.

申込締切: 11月 8日(木) 15日(木)まで延長しました
原稿締切: 11月29日(木)23:59まで ※厳守です。

対象分野:
本研究会では,新しいエンタテインメントを創造するためのエンタテインメント
技術の研究,「面白さ」の基本要素の解明や評価法の確立に向けたエンタテイン
メント性の研究,教育・エクササイズ・福祉などの様々な分野での応用研究など
を対象分野としています.エンタテインメントコンピューティング分野での研究
成果を是非,ご投稿いただければ幸いです.

*** 申込方法 ***********************************************************

フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら,下記のメール
アドレスまでお問い合わせください.
照会先: 竹川佳成 (公立はこだて未来大学)
E-mail: yoshi[at]fun.ac.jp

原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

【発表申込み方法】
発表される方は以下の情報処理学会新投稿システムの「発表申込」よりお申込み
ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EC/

【学生優秀賞について】
EC研究会では,学生の優秀な発表に対して,学生優秀賞を授与しております.
発表者が学生の場合,申込の際に,「研究会への連絡事項」の欄に「学生優秀賞」
と記入してください.

19 11月

2017年度学生優秀賞表彰式

エンタテインメントコンピューティング2018において、2017年度学生優秀賞の表彰式が行われました。
以下は受賞対象の論文と受賞者です。

EC44-(5)
人間による二次元キャラクタの動作模倣のための学習支援システムの設計と実装
○田中 大賀 (神戸大学), 寺田 努 (神戸大学), 村尾 和哉 (立命館大学), 塚本 昌彦 (神戸大学)

EC46-(1)
自己実現理論を起点としたEntertainment Design Assetの提案とその分析事例報告
○小笠 航, 片寄 晴弘 (関西学院大学)

EC47-(2)
動的なフォント融合による文字デザイン支援手法
○斉藤 絢基, 中村 聡史 (明治大学)

過去の受賞はhttp://entcomp.org/sig/?page_id=15#awardからご覧になれます。

受賞者の皆様、おめでとうございます!

10 8月

第49回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 メタ研究会

【開催概要】
■日時
2018年8月28日(火)13:00 – 24:00
2018年8月29日(水)8:00 – 12:00

■会場
・日中のセッション会場
品川宿交流館
http://k-shina.com/kouryu.html
〒140-0001 東京都品川区北品川2丁目28−19

・ナイトセッション会場
Araiya
https://47gawa.tokyo/araiya/
〒108-0074 東京都港区高輪2丁目17−1

【費用】
ナイトセッション参加費:4,000円
宿泊費:10,000円(希望された方)
※夕食費は含まれておりません。別途必要になります。

【プログラム】
■ 1日目:2018年8月28日(火)
13:00-15:40
(1) 帰るまでがエンタテインメントですよ?
磯山直也(神戸大学)

(2) 子ども向けプログラミングワークショップにおける創作意欲のデザイン
阪口紗季(東京大学)

有志による発表(3件程度)

15:50-17:50
セッション ECの活動の場1

17:50-18:30
ミニエクスカーション:旧東海道散策

18:30-20:00
夕食

20:30-24:00
ナイトセッション EC研究の国際的な広がりについて

■ 2日目:2018年8月29日(水)
8:00
朝食

9:00-10:00
セッション ECの活動の場2

10:00-11:00
セッション EC研究のQualificationについて

11:00-12:00
セッション ECの活動の場3

【参加について】
会場面積に限りがあるため、参加希望時には事前に下記のメールアドレスまでご連絡をお願いします。
照会先: 磯山直也 (神戸大学)
E-mail: isoyama[at]eedept.kobe-u.ac.jp

30 3月

第178回HCI・第48回EC合同研究発表会

【開催概要】
日時: 2018年6月14日(木),15日(金)
※場所が変更になりました
場所: 東京大学弥生講堂 東京大学福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
交通案内:東京メトロ 本郷三丁目駅(丸の内線)から 徒歩8分
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

【プログラム】 発表時間15分 / 質疑時間5分

-1日目-

6月14日(木) 午前 姿勢・ジェスチャ認識 10:50 – 11:30
(1) 10:50-11:10 [HCI]掌装着型全天球カメラを用いた手指姿勢推定手法
丸山 裕介(関西学院大学) 河野 恭之(関西学院大学)

(2) 11:10-11:30 [HCI]VR空間におけるジェスチャを用いたNatural User Interfaceの研究
市川 ひまわり(津田塾大学) 飯島 沙織(津田塾大学) 新田 善久(津田塾大学)

※3番の発表は最終日に移動になりました。電子図書館(情報学広場)の掲載は発表番号順に掲載されます。

11:30-13:00 休憩 ( 90分 )

6月14日(木) 午後  コミュニケーション解析・設計 13:00 – 14:00
(4) 13:00-13:20 [HCI]VR空間内におけるアバタとの視線コミュニケーション
小宮山 摂(青山学院大学理工学部) 亀川 真吾(青山学院大学理工学部) 柿沼 育(青山学院大学理工学部) 盛川 浩志(青山学院大学理工学部)

(5) 13:20-13:40 [MVE]キネティックテレプレゼンスMMSpace:小規模グループ対グループ遠隔会話場の構成と非言語行動解析
大塚和弘(NTT)

(6) 13:40-14:00 [MVE]人の動作量の変化に着目した人—ロボット対面会話終了時のロボットのふるまいデザイン
井坂俊彦・大島直樹(東京電機大) 青木良輔(NTT) 武川直樹(東京電機大)

14:00-14:10 休憩 ( 10分 )

6月14日(木) 午後  観光ガイド 14:10 – 14:50
(7) 14:10-14:30 [HCI]観光者属性と位置情報による観光ガイドシステム「KaDaxi/カダクシー」の開発
泉 亮祐(香川大学大学院工学研究科) 國枝 孝之(香川大学大学院工学研究科/株式会社リコー) 野口 英司(株式会社STNet) 吉本浩二(株式会社STNet) 後藤田 中(香川大学創造工学部) 米谷 雄介(香川大学創造工学部) 八重樫 理人(香川大学創造工学部)

(8) 14:30-14:50 [MVE]Study on Travel Planning Method through Must-visiting Planning by Using Bidirectional LSTM
Liou ZihJia(NCTU) Masato Nomiyama Toshiki Takeuchi Tomohiro Tanikawa Takuji Narumi Michitaka Hirose(UTokyo)

14:50-15:00 休憩 ( 10分 )

6月14日(木) 午後  身体性 15:00 – 16:00
(9) 15:00-15:20 [HCI]マグル・フレンドリー・インタフェース設計論〜身体性を重視した人間拡張型UI設計法の提唱と考察〜
木村 朝子(立命館大) 松室 美紀(立命館大) 田村 秀行(立命館大) 大槻 麻衣(筑波大)

(10) 15:20-15:40 [MVE]心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討
岡田 直人 渥美 裕貴(名大) 横矢 真悠 山田 和範(パナソニック) 汪 雪婷 上出 寛子 森田 純哉 榎堀 優 間瀬 健二(名大)

(11) 15:40-16:00 [SIG-DeMO]身体と環境との整合性を考慮した回転量操作型リダイレクションに関する基礎検討
水谷 純也 長尾 涼平 松本 啓吾 鳴海 拓志 谷川 智洋 廣瀬 通孝(東京大学)

16:00-16:10 休憩 ( 10分 )

6月14日(木) 午後  その他1 16:10 – 17:10
(12) 16:10-16:30 [HCI]手書きとフォントの融合文字を用いたメッセージカード作成における利用分析
佐々木 美香子(明治大学) 斉藤 絢基(明治大学) 中村 聡史(明治大学)

(13) 16:30-16:50 [HCI]ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイス
東南 颯(神戸大) 寺田 努(神戸大/JSTさきがけ) 塚本 昌彦(神戸大)

(14) 16:50-17:10 [MVE]InFloasion: 透明物体内に映像を結像させる光学系
横瀬 哲也 大川 達也 苗村 健(東大)

-2日目-

6月15日(金) 午前  聴覚刺激 10:30 – 11:30
(15) 10:30-10:50 [HCI]視覚的な注意の瞬きに対する聴覚刺激の影響
仲田 愛(東京工業大学)

(16) 10:50-11:10 [HCI]ノイズキャンセリングミュージック: 音楽の提示により雑音の不快度を低減する手法
徳久 弘樹(明治大学大学院) 佐藤 剣太(明治大学大学院) 松田 滉平(明治大学大学院) 松井 啓司(明治大学大学院) 中村 聡史(明治大学大学院)

(17) 11:10-11:30 [HCI]リアルタイムな変換聴覚フィードバックによる緊張緩和効果の基礎的検討
成瀬 加菜(東京大学大学院情報理工学系研究科) 吉田 成朗(東京大学大学院情報理工学系研究科) 世田 圭佑(東京大学大学院情報理工学系研究科) 鳴海 拓志(東京大学大学院情報理工学系研究科) 谷川 智洋(東京大学大学院情報理工学系研究科) 廣瀬 通孝(東京大学大学院情報理工学系研究科)

11:30-13:00 休憩 ( 90分 )

6月15日(金) 午後  タッチ・咀嚼 13:00 – 14:20
(18) 13:00-13:20 [MVE][ショートペーパー]タッチ操作拡張によるディジタル紙芝居システムの開発
村田 真隆 牛田 啓太 陳 キュウ(工学院大)

(19) 13:20-13:40 [SIG-DeMO]粘着を用いたタッチサーフェスのための粘着性変化モジュールの開発
石原 好貴 伊藤 雄一 尾上 孝雄(大阪大学)

(20) 13:40-14:00 [EC]誇張した咀嚼運動の映像提示による食感知覚操作に関する基礎検討
鈴木 佑司(東京大学) 茂山 丈太郎(東京大学) 吉田 成朗(東京大学) 鳴海 拓志(東京大学) 谷川 智洋(東京大学) 廣瀬 通孝(東京大学)

(21) 14:00-14:20 [HCI]センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進の検討
正月 凌介(神戸大) 寺田 努(神戸大/JSTさきがけ) 塚本 昌彦(神戸大)

14:20-14:30 休憩 ( 10分 )

6月15日(金) 午後  可視化 14:30 – 15:30
(22) 14:30-14:50 [HCI]ChronoViewとMDSの統合による時刻データの可視化手法の開発
安齋 康宏(筑波大学) 三末 和男(筑波大学)

(23) 14:50-15:10 [HCI]船舶同士が相互に感じる衝突リスクの推移の可視化
千葉 大輝(筑波大学大学院システム情報工学研究科) 三末 和男(筑波大学システム情報系)

(24) 15:10-15:30 [MVE]自動運転システムにおける未来予測位置提示手法の基礎検討
近藤 駿介 鳴海 拓志(東大) 小野 佐弥香 不破本 義孝(トヨタ自動車) 谷川 智洋 廣瀬 通孝(東大)

15:30-15:40 休憩 ( 10分 )

6月15日(金) 午後  その他2 15:40 – 17:00
(25) 15:40-16:00 [MVE]映像コンテンツとロボットの連携に向けた非可聴音声への信号埋め込み手法の検討
山口 紗穂 韓 燦教 苗村 健(東大)

(26) 16:00-16:20 [MVE]日常物体画像を用いた変化検出課題における難易度調節手法の検討
檜作 孟志 平山 高嗣 榎堀 優 間瀬 健二(名大)

(27) 16:20-16:40 [MVE]全天周画像群による実写VR空間の高品位化手法に関する研究
大橋 敢 水口 直哉 鳴海 拓志 谷川 智洋 廣瀬 通孝(東大)

(3) 16:40-17:00 [MVE]手遊びのハンドジェスチャを用いた3Dモデル操作手法
辻 天斗 牛田 啓太 陳 キュウ(工学院大)

 

申込締切: 2018年4月13日(金) 4月20(金)まで延長しました
原稿締切: 2018年5月14日(月)23:59まで ※厳守です。

対象分野:
本研究会では,新しいエンタテインメントを創造するためのエンタテインメント
技術の研究,「面白さ」の基本要素の解明や評価法の確立に向けたエンタテイン
メント性の研究,教育・エクササイズ・福祉などの様々な分野での応用研究など
を対象分野としています.エンタテインメントコンピューティング分野での研究
成果を是非,ご投稿いただければ幸いです.

研究会テーマ:
人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般

連催:
情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 IPSJ-EC
情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 IPSJ-HCI
電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 MVE
映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会 ITE-HI
ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究
会 HI-SIGDeMO
バーチャルリアリティ学会

【発表申込方法】
発表される方は以下の情報処理学会新投稿システムの「発表申込」よりお申込み
ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EC/

※発表申込多数の場合は運営委員会で審議の結果,発表をお断わりする場合もあ
りますので,あらかじめご了承ください.

フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら,下記のメール
アドレスまでお問い合わせください.
照会先: 簗瀬洋平 (ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社/東京大学)
E-mail: yoh7686[at]gmail.com

原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

【学生優秀賞について】
EC研究会では,学生の優秀な論文および発表に対して,学生優秀賞を授与してお
ります.
発表者が学生の場合,申込の際に,「研究会への連絡事項」の欄に「学生発表」
と記入してください.

27 12月

第47回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会

==================================================
第47回 情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会
==================================================

日時: 2018年3月16日(金),17日(土)
場所: 電気通信大学 東3号館3階301
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1−5−1
http://www.uec.ac.jp/about/profile/access/
交通案内:京王線 調布駅下車 中央口を出て右に徒歩5分
主催:情報処理学会エンタテインメント研究会(SIGEC),

【プログラム】 発表時間 15分 / 質疑時間 5分

第1セッション 3件 (座長:三武裕玄)
10:40-11:00
発色型情報提示手法の多色化に関する基礎検討
小泉 直也(電気通信大学)

11:00-11:20
動的なフォント融合による文字デザイン支援手法
斉藤 絢基, 中村 聡史(明治大学)

11:20-11:40
既読・未読のシーン提示がコミック読書意欲に与える影響
佐藤 剣太, 牧 良樹, 中村 聡史(明治大学)

11:40-12:50 昼休み ( 70分 )

第2セッション 3件 (座長:小泉直也)

12:50-13:10
センシング技術を用いた人と植物とのインタラクション促進システム
赫 寧(神戸大学)、寺田 努(神戸大学/科学技術振興機構さきがけ)、塚本 昌彦(神戸大学)

13:10-13:30
単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システムの実装と評価
袴田 はるか, 磯山 直也(神戸大学), 寺田 努(神戸大学/JSTさきがけ), 塚本 昌彦(神戸大学)

13:30-13:50
児童の物語創作支援ワークショップにおける作品記録システムの実践的開発
鈴木 雄登, 赤星 俊平, 松下 光範(関西大学)

13:50-14:00 休憩 ( 10分 )

第3セッション 3件 (座長:長谷川晶一)
14:00-14:20
風向知覚特性を利用したリダイレクテッド・ウォーキング手法
斉藤 佑祈, 室崎 之典, 小野 龍一, 羽田 久一(東京工科大学)

14:20-14:40
ドローンの羽音を利用した個体識別
室崎 之典, 小野 龍一, 斉藤 佑祈, 大渕 康成, 羽田 久一

14:40-15:00
自撮り写真の目にどれだけ盛れば魅力が下がるのか―「盛る」感性の性差・地域差の検討―
増田 知之, 小関 美咲, 邵 宇晨, 加藤 隼平, 山中 敏正(筑波大学)

15:00-15:10 休憩 ( 10分 )

第4セッション 3件 (座長:倉本到)
15:10-15:30
人の相槌に対する韻律の同調制御と発話進行制御により親和的な情報提供を行う対話エージェントの実現
平沼 英翔, 三武 裕玄, 長谷川 晶一(東京工業大学)

15:30-15:50
2.5Dキャラクターの顔造形デフォルメ解析
藤堂 英樹(中央学院大学)

15:50-16:10
対話事例に基づく機械学習を用いた同調的表情を提示する対話エージェント
薮下 剛史, 三武 裕玄, 長谷川 晶一(東京工業大学)

Read More

25 9月

第46回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会

【開催概要】

開催日: 2017年12月22日(金)・23日(土・祝)
会場: グランフロント大阪 (北館 タワーC 8F カンファレンスルームC06・C07)
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3−1
JR大阪駅 徒歩 3分
https://www.kc-space.jp/accessmap/conference/towerc_access.html
共催: ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース
専門研究委員会(HI-SIGDeMO)
協賛: 日本バーチャルリアリティ学会アート&エンタテインメント研究会(VRSJ-A+E)

【発表時間】

EC2017 Make-up Session ロング: 25分
EC2017 Make-up Session ノート: 15分
一般講演: 25分

【参加費について】

研究会の通常参加費で,EC2017 Make-up Session(台風のため中止になった
ECシンポジウム3日目の口頭発表のうち,改めて希望された方の発表)
も聴講可能です.

また,ECシンポジウム2017に参加された方は,聴講のみであれば全セッション
無料でご参加いただけます.第46回研究会の予稿集が必要な場合は,
研究会の参加費をお支払いください.

なおECシンポジウム2017の予稿集は,情報処理学会電子図書館で公開されています.
オープンアクセスです.

【プログラム】

12月22日(金)午前
EC2017 Make-up Session 1 – Education and Engaging Computing
10:30–12:00

(EC2017)
卓球におけるコースの実時間提示による瞬間的判断訓練システム【ロング】
○高橋 祐貴,山本 景子(京都工芸繊維大学),倉本 到(大阪大学) 辻野 嘉宏(京都工芸繊維大学)

(EC2017)
民生用高速度カメラを用いた素振り練習の精度可視化【ロング】
○新野 大輔 (芝浦工業大学) 木坂 綺花,平林 晃 (立命館大学) 井尻 敬 (芝浦工業大学)

(EC2017)
HMDで遊ぶ古典的2Dゲームの面白さ要因分析と提案【ノート】
○野津 双葉,橋本 剛(国立松江工業高等専門学校)

(EC2017)
スマホ依存を利用した親子間における対話向上の支援システム【ロング】
○新村拓也,秋岡明香(明治大学)

12月22日(金)午後
EC2017 Make-up Session 2 – Experience and Exciting Computing
13:15-14:50

(EC2017)
自動運転車両内インフォテインメントのためのVRゲーム【ロング】
○石黒 祥生,山田献二朗(名古屋大学)

(EC2017)
ELBOWRIST: HMDを用いた第二の肘を介した背面空間の探索【ノート】
○室田 ゆう,森 光洋,石原 由貴,小鷹 研理(名古屋市立大学)

(EC2017)
心電を用いたVRシステムの感性評価の研究 ~「サマーレッスン」プレイ時の「ドキドキ感」の男女間での比較~【ノート】
○伊藤 弘大,大倉 典子(芝浦工業大学)

(EC2017)
トルク変化最小軌道に基づくキャラクターの自然な動作の自動生成【ノート】
○佐藤 裕仁,三武 裕玄,長谷川 晶一(東京工業大学)

(EC2017)
ゆりカモ目: 2台の360°カメラによるレール上浮遊体験【ロング】
勝又航生, ○坂井俊介, 星貴之, 稲見昌彦 (東京大学)

12月22日(金)午後
分析/評価
15:10-16:50

1
自己実現理論を起点としたEntertainment Design Assetの提案とその分析事例報告
○小笠 航, 片寄 晴弘(関西学院大学)

2
高校生を対象としたモノづくりハッカソンのデザイン ーモノづくりへの興味喚起と知識付与を企図した枠組みの構築を目指してー
北村 茂生, ○赤星 俊平, 松下 光範(関西大学), 白水 菜々重(大阪大学)

3
感性評価の主成分分析による「allumette」のシーン分類
○伊藤 弘大(芝浦工業大学大学院), 大倉 典子(芝浦工業大学)

4
EC45―第11回のメタ研の報告
○長谷川 晶一(東京工業大学), 棟方 渚(京都産業大学), 磯山 直也(神戸大学), 片寄 晴弘(関西学院大学), 阪口 紗季(東京大学), 橋田 光代(相愛大学), 三武 裕玄(東京工業大学), 水口 充(京都産業大学), 簗瀬 洋平(ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン合同会社), 山本 豪志朗(京都大学)

12月23日(土)午前
デバイス/インタフェース
9:30-11:10

5
Chef*mo: 動画が調理器具を制御して調理を支援するシステムの提案
○湯村 翼, 古館 佑子(Chef*moプロジェクト), 松本 華歩(津田塾大学), 竹澤 ひさみ(Chef*moプロジェクト), 栗原 一貴(津田塾大学)

6
スマート端末からの個人情報で冷蔵庫模型を制御するIoTシステムの開発
○増野 宏一, 伊藤 淳子, 宗森 純(和歌山大学)

7
仮想空間の登坂動作における視触覚間相互作用の検証
○石河 竜太, 井上 亮文, 星 徹(東京工科大学)

8
SHAPIO v2:立体形状入出力可能なゲームコントローラの改善
○福永 健竜, 梶山 隼, 井上 亮文, 星 徹(東京工科大学)

12月23日(土)午前
ゲーム/デザイン
11:30-12:45

9
現実空間と仮想空間とを融合した映像投影型ボードゲーム“アベノミックス”の開発と適用
○安部 貫太, 伊藤 淳子, 宗森 純(和歌山大学)

10
時系列深層学習に基づく難易度間関係モデルを用いたダンスゲーム譜面難易度の自動調整
○辻野 雄大, 山西 良典, 西原 陽子, 福本 淳一(立命館大学)

11
D-Ball 縮減現実を用いたスポーツ競技のデザイン
○簗瀬 洋平(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社/東京大学), 又吉 康綱(明治大学), 坂井 俊介, 稲見 昌彦(東京大学)

Read More

20 8月

第45回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 メタ研究会

下記の通り,2017年8月21日(月)〜22日(火)に,国民宿舎小豆島にて,
第45回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会(メタ研究会)
を開催いたします.

【開催概要】
日時:
2017年 8月 21日(月) 15:00 – 22:30
2017年 8月 22日(火) 7:30 – 11:30

会場:国民宿舎小豆島
住所:香川県小豆郡小豆島町池田1500-4
交通案内:池田港より送迎バス有り

【プログラム】
■ 1日目:2017年8月21日(月)
15:00 – 15:30
オープニング

15:30 – 17:30
(1) 演技・踊りを自然に遊ばせるシステムの検討
磯山 直也(神戸大学)

(2) 生体信号を用いたエンタテインメント評価の試み
棟方 渚(京都産業大学)

(3) エンタテインメント研究発表の評価とそのシステム運用
山本 豪志朗(京都大学)

(4) エンタテインメント研究の分類を考える
長谷川 晶一(東京工業大学)

18:00 – 19:30
夕食

19:30 – 20:30
ミニエクスカーション
(屋上での星空観賞会:天候や事情により中止の可能性有)

20:30 – 22:30
ナイトセッション ECの今後の活動

■ 2日目:2017年8月22日(火)
07:30 –
朝食

09:00 – 11:00
ディスカッション EC研究の分類と地図

11:00 – 11:30
クロージング

01 7月

2016年学生優秀賞・特選論文表彰式

第44回EC研究会において,2016年の学生優秀賞の表彰式が行われました.
以下は受賞対象の論文と受賞者です.

EC39-(13)
魅力的な自撮り写真生成のための「盛り」における性差の基礎検討
○森本傑, 橋田朋子(早稲田大学)
EC41-(10)
複数立体スケッチの組み合わせによる空間再構成の試み
○友広歩李, 角康之(公立はこだて未来大学)
EC41-(23)
アクティブ音響センシングを用いた手のジェスチャー認識手法の検討
○山田知之, 棟方渚, 小野哲雄(北海道大学)

※ 従来は「学生発表賞」としていましたが,論文と研究内容も評価の対象となることから「学生優秀賞」と改名しました.過去の学生発表賞はhttp://entcomp.org/sig/?page_id=15#award から見られます.

また,情報処理学会論文誌においてEC研究会が編集を担当した「エンタテインメントコンピューティング」特集号(Vol.57, No.12)から,下記の特選論文が選ばれました.

電子工作キットで自作するインタラクティブ音響浮揚装置
○星貴之 (東京大学)

 

受賞者の皆様,おめでとうございます!

15 6月

エンタテインメントコンピューティング2017 発表申込受付中!

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム(EC2017)の発表申込締切が延長されました! 以下のEC2017のサイトから奮ってお申込みください.

■開催概要

2017年9月16日(土) – 18日(月・祝)

東北大学 電気通信研究所 本館(片平キャンパス内)
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
http://ec2017.entcomp.org/

■発表募集案内

本シンポジウムは,エンタテインメントコンピューティング(EC)のための新技術,ECの新しい可能性,ECと人や社会とのかかわりなどをテーマとする学術会議として2003年より毎年開催され,本年が15回目になります.今回は,震災復興に向けて,学/楽都として,そして東北地方のランドマークとして進化を続ける仙台を舞台とし,「Evolution」をテーマとして開催いたします.シンポジウム自体も,これまでのECが持つ特色や文化を活かしつつ,エンタテインメント研究発表,企画,場づくり,など,様々な観点で進化を目指します.

エンタテインメントコンピューティングシンポジウムは,“EC”の略称で親しまれてきました.これまで開催されたシンポジウムでは,多くの研究が活発に発表される一方で,EC研究は難しいという声も聞こえてきます.これは,Entertainmentという言葉をうまく掴めていないのかもしれませんし,この言葉に不必要に囚われているのかもしれません.過去15年間のECシンポジウムの発表を眺めてみるとその広がりや多様性を感じると同時にその難しさや混沌さも見えてきます.本年は,もっと明快に様々なEC研究を議論できる場にしたいと思います.ECという呼称はエンタテインメントに関わる様々な計算機技術の略称でもあります.例えば,人の情動に刺激を与えるEngaging ComputingやEmotional Computing,アイディアで魅せるEmerging Computing,さらには,人に力を与えるEnergetic Computingなど,これらすべてエンタテインメントに関わり,そしてその研究の目的や意図がより明快です.
本年の口頭・デモ発表では,エンタテインメントコンピューティングの発展に向けて自在に変化する様々な“EC”研究の発表を募集いたします.
皆さまの先進的なEC研究の発表申込みをお待ちしています.

発表種別:

口頭発表ロング:6-10ページ原稿(発表18分,質疑7分が目安)デモ申込み可
口頭発表ノート:3-5ページ原稿(発表10分,質疑5分が目安)デモ申込み可
デモ発表:2ページ以上の原稿(口頭発表なし)

テーマ: Evolution

締切:

発表申込締切: 6月23日(金)6月30日(金)
原稿提出締切: 7月28日(金)

ご案内:

昨年度からの変更として,ノート(萌芽的な研究を短時間で口頭発表する)を復活させました.また,本年は新たに,どの発表種別においても,プログラム委員会のスクリーニングを経てプレミアム枠を設け,発表セッションの時間等を優遇したいと考えています.デモ発表については一般公開(三日間のうち一日)にふさわしいかの観点で選定する予定です.このスクリーニングは厳密な査読ではありませんが,ロング発表における論文賞の選定も兼ねます.また,この過程で,EC研究として適さないものや,会場キャパシティを超過したデモ発表,著しく不備のある原稿などについてはプログラム委員会の審議の上,お断りする場合があります.ご了承ください.

発表申し込み時に,どのようなEC研究かを著者に指定してもらう仕組みも設け,発表者と聴衆の間で共通した議論ができるようプログラム編成の参考にいたします.EC研究の例として,{Evolutionary, Enjoyable, Enlightened, Enriching, Engaging, Emerging, Expressive, Emotional, Energetic, Empathy, Effective, Elaborate, Elastic } Computing, など,そのほか,{Enchanting, Epoch, Ethnic, Esoteric, Enigmatic, Ethereal} Computingなどが発表申込フォームにてご選択いただけます.

原稿提出〆切は7月28日ですが,口頭発表およびデモ発表の投稿について,研究ビデオの投稿も併せてご検討ください.今年も昨年に引き続き,「ベストビデオアワード」を用意し,優れた研究ビデオを表彰いたします.また,シンポジウムで発表される論文については情報学広場(情報処理学会電子図書館)に収録されますが,著者が希望する場合には研究ビデオについても併せて情報学広場に収録することを検討しております.

発表対象分野:

エンタテインメントコンピューティングに関する理論的・実証的研究,各種応用システム開発やコンテンツ制作などを広く募集します.関連する分野の例を挙げますが,これ以外の新たなEC研究も広く募集します.

ゲーム/インタラクション技術/演出手法/空間・コンテンツデザイン/映像・音楽/VR・AR/ロボット/ウェアラブル/Web/インタラクティブアート/バーチャルアイドル/電子玩具/ガジェット/ゲーミフィケーション/エンタテインメントと認知・心理学/その他エンタテインメントと情報処理に関する話題

発表申込:

大会ウェブサイト http://ec2017.entcomp.org/ の発表申込み・論文投稿システム(http://ec2017.entcomp.org/sys/)からお申し込みいただけます.

■問い合わせ先

ご不明な点は,下記のメールアドレスまでお問い合わせください.

EC2017実行委員会
ec2017@entcomp.org

Read More

05 6月

ACE 2017 Call for Submissions

ABOUT ACE 2017
ACE has always striven to break new ground by providing researchers and practitioners in the field of entertainment technology with a venue in which they can present the latest research in the field and exchange ideas about its future.

ACE is inviting submissions to the 14th International Conference to be held in London.
Website   http://ace2017.info/

This year, there will be a radical change in the format of paper presentations. Participants are required to present their work in an interactive style. All authors of accepted paper will be invited to showcase their work in a demo session.

IMPORTANT DATES
​Submission Deadline​: ​​1st August 2017, 23:59 (GMT)​
Notification: ​​​​15 September 2017​

All submission must use the Springer CS Proceedings format. Paper length may range from 2-20 pages. More information on submission formats and presentations can be found on this link: http://ace2017.info/call-for-submissions/

More detailed information can be found at our website ​http://ace2017.info.
Feel free to contact us at ​contact@ace2017.info for any enquiries on paper submission.

Hope to see you in London!