18 5月

第173回HCI・第44回EC合同研究発表会

【開催概要】
日時:
2017年 6月 1日(木) 09:20 – 18:00
2017年 6月 2日(金) 10:00 – 16:10

会場:東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー
住所:〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
交通案内:東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分
議題:人工現実感,エンタテイメント,メディアエクスペリエンスおよび一般
連催:
日本バーチャルリアリティ学会,
ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIGDeMO),
映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会(ITE-HI),
情報処理学会エンタテインメント研究会(SIGEC),
電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)

 

【プログラム】
-1日目-
6月1日(木) 午前  ●MVE1 09:20 – 10:40
09:20-09:40
MVE-(1)重度四肢機能障害者のための舌操作型入力デバイス
 ○小川 陽子, 横田 可保子, 島田 伸敬(立命館大)
09:40-10:00
MVE-(2)アバタの関節角補正による疑似触力覚提示手法の基礎検討
 ○茂山 丈太郎, 小川 奈美, 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝(東大)
10:00-10:20
MVE-(3)視触覚間相互作用を用いた疑似上昇感覚提示の基礎検討
 ○長尾 涼平, 松本 啓吾, 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝(東大)
10:20-10:40
MVE-(4)実仮同時観察による頭部搭載型ディスプレイの動特性計測とその精度
 ○宮本 栄作, 木島 竜吾(岐阜大)

10:40-10:55 休憩 ( 15分 )

6月1日(木) 午前 ●EC1 10:55 – 11:35
10:55-11:15
EC-(5)人間による二次元キャラクタの動作摸倣のための学習支援システムの設計と実装
 ○田中 大賀 (神戸大学), 寺田 努 (神戸大学), 村尾 和哉 (立命館大学), 塚本 昌彦 (神戸大学)
11:15-11:35
EC-(6)道徳感情にもとづくNPCの意思決定モデル
 ○高橋 拓也 (和歌山大学), 床井 浩平 (和歌山大学)

11:35-12:45 昼休み ( 70分 )

6月1日(木) 午後  ●MVE2 12:45 – 14:05
12:45-13:05
MVE-(7)直行鏡列型再帰透過材の各種光効率の導出とそれを用いた虚像プロジェクタの設計方法

 ○道下 幹也, 小山 凌太, 木島 竜吾(岐阜大)
13:05-13:25
MVE-(8)実写VRのための複数全天周動画の合成手法に関する基礎検討
 ○水口 直哉, 青木 大樹, 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝(東大)
13:25-13:45
MVE-(9)Multiple Source Effectを用いた集団討議支援のための遠隔通話システムの開発
 ○世田 圭佑, 横山 正典(東大), 望月 崇由, 布引 純史(NTT), 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝(東大)
13:45-14:05
MVE-(10)食事記録データからの個人の食傾向の予測
 ○椿田 晃大, 天野 宗佑, 相澤 清晴(東大), 小川 誠(foo.log)

6月1日(木) 午後  ●MVE企画セッション 14:20 – 15:10
14:20-15:10
MVE-(11)[パネル討論]メディアエクスペリエンス, バーチャル環境基礎の研究に期待すること
 ○亀田 能成(筑波大), 小林 稔(明大), 柳田 康幸(名城大), 苗村 健(東大), 中村 裕一(京大), 全 炳東(千葉大)

15:10-15:25 休憩 ( 15分 )

6月1日(木) 午後  ●HCI1 15:25 – 16:45
15:25-15:45
HCI-(12)看板密集地域における情報識別支援手法の改良
 ○北村 茂生 (関西大学), 松下 光範 (関西大学)
15:45-16:05
HCI-(13)肩載せPTZカメラを用いた写真撮影システム
 ○菅佐原 俊介 (関西学院大学), 河野 恭之 (関西学院大学)
16:05-16:25
HCI-(14)ガンシューティングゲームを実世界に拡張する無線画像処理システムの提案
 ○河野 航大 (電気通信大学), 伊藤 弘樹 (電気通信大学), 加藤 敬太 (電気通信大学), 川瀬 廣明 (電気通信大学), 佐藤 俊樹 (東京工業大学)
16:25-16:45
HCI-(15)ぬいぐるみエージェントの目の高さがユーザの印象形成に及ぼす影響
 ○佐竹 澪 (明治大学), 小松 孝徳 (明治大学), 橋本 直 (明治大学)

16:45-17:00 休憩 ( 15分 )

6月1日(木) 午後  ●HCI2 17:00 – 18:00
17:00-17:20
HCI-(16)ゲームの進行状況に疑似同期するプレイヤー間コミュニケーションシステムの提案
 ○松沼 毅 (明治大学), 福地 健太郎 (明治大学)
17:20-17:40
HCI-(17)疑似同期型コミュニケーションを応用したゲームサイトにおける投稿コメントの傾向分析とゲーム実況動画との比較調査
 ○松沼 毅 (明治大学), 福地 健太郎 (明治大学)
17:40-18:00
HCI-(18)ロールプレイングゲームにおける戦闘パラメータの提示手法がプレイヤーの満足感に与える影響の研究
 ○和田 拓哉 (明治大学), 福地 健太郎 (明治大学)

 

-2日目-
6月2日(金) 午前  ●SIG-DeMO, HCI3 10:00 – 11:20
10:00-10:20
HCI-(19)ゲーミフィケーションのモジュラー化に向けた楽しさと集中度のキャリーオーバー効果
 村上 裕亮 (岡山大学), ○杉原 太郎 (岡山大学), 五福 明夫 (岡山大学)
10:20-10:40
SIG-DeMO-(20)デジタル画像群の複数次元を用いたインタラクティブな可視化に関する研究
 ○田村 晃一, 萩原 拓真, 高嶋 和毅, 北村 喜文(東北大学)
10:40-11:00
SIG-DeMO-(21)対面協調作業に適した相互モーションキャプチャシステムの開発
 ○中村 淳之(大阪大学), 清川 清(奈良先端科学技術大学院大学), Photchara Ratsamee, 間下 以大, 浦西 友樹, 竹村 治雄(大阪大学)
11:00-11:20
SIG-DeMO-(22)アクティブ音響センシングを用いた物体識別と位置推定
 ○岩瀬 大輝, 伊藤 雄一, 秦 秀彦, 山下 真由, 尾上 孝雄(大阪大学)

11:20-12:40 昼食 ( 80分 )

6月2日(金) 午後  ●EC2, HI  12:40 – 13:40
12:40-13:00
EC-(23)Augmented Typing: 光と音の演出付与によるキーボードタイピング体験の拡張
 ○湯村 翼 (北陸先端科学技術大学院大学), 中村 聡史 (明治大学)
13:00-13:20
ITE-HI-(24)自然環境の分光測定結果による照明光推定オプティマルカラーモデルの検証
 ○福田 一帆(工学院大), 内川 惠二(神奈川大)
13:20-13:40
EC-(25)e2-Mask:対面コミュニケーションを支援するための仮面型ディスプレイの設計と実装
 ○梅澤 章乃 (公立はこだて未来大学), 竹川 佳成 (公立はこだて未来大学), 平田 圭二 (公立はこだて未来大学)

13:40-13:55 休憩 ( 15分 )

6月2日(金) 午後  ●HCI4 13:55 – 14:35
13:55-14:15
HCI-(26)タブレットを用いた臨書学習のための点画識別手法
 ○竹川 佳成 (公立はこだて未来大学), 遠藤 礼奈 (公立はこだて未来大学), 平田 圭二 (公立はこだて未来大学)
14:15-14:35
HCI-(27)らふおん:順序尺度楽器による初心者向け作曲支援システム
 ○秋元 和久 (筑波大学), 星野 准一 (筑波大学)

14:35-14:50 休憩 ( 15分 )

6月2日(金) 午後  ●MVE3 14:50 – 16:10
14:50-15:10
MVE-(28)ディープラーニングを用いたCG画像のリアリティの定量評価手法
 ○佐藤 正章, 井村 誠孝(関西学院大)
15:10-15:30
MVE-(29)インタラクティブなディジタルフォトモザイク生成システムの検討
 ○瀬川 尚紀, 米村 俊一(芝浦工大)
15:30-15:50
MVE-(30)過去風景動画の自動生成に関する基礎的研究
 ○佐藤 絵理子, 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝(東大)
15:50-16:10
MVE-(31)4K映像のための高速な被写体抽出
 ○宮下 広夢, 竹内 広太, 長田 秀信, 小野 朗(NTT)

Read More

21 4月

エンタテインメントコンピューティング2017 発表募集!

エンタテインメントコンピューティングシンポジウム(EC2017)の発表募集をご
案内いたします.本シンポジウムは,エンタテインメントコンピューティング
(EC)のための新技術,ECの新しい可能性,ECと人や社会とのかかわりなどをテーマ
とする学術会議として2003年より毎年開催され,本年が15回目になります.今回
は,震災復興に向けて,学/楽都として,そして東北地方のランドマークとして
進化を続ける仙台を舞台とし,「Evolution」をテーマとして開催いたします.
シンポジウム自体も,これまでのECが持つ特色や文化を活かしつつ,エンタテイ
ンメント研究発表,企画,場づくり,など,様々な観点で進化を目指します.

エンタテインメントコンピューティングシンポジウムは,“EC”の略称で親しま
れてきました.これまで開催されたシンポジウムでは,多くの研究が活発に発表
される一方で,EC研究は難しいという声も聞こえてきます.これは,
Entertainmentという言葉をうまく掴めていないのかもしれませんし,この言葉に
不必要に囚われているのかもしれません.過去15年間のECシンポジウムの発表を
眺めてみるとその広がりや多様性を感じると同時にその難しさや混沌さも見えて
きます.本年は,もっと明快に様々なEC研究を議論できる場にしたいと思います.
ECという呼称はエンタテインメントに関わる様々な計算機技術の略称でもあります.
例えば,人の情動に刺激を与えるEngaging ComputingやEmotional Computing, ア
イディアで魅せるEmerging Computing,さらには,人に力を与えるEnergetic Co
mputingなど,これらすべてエンタテインメントに関わり,そしてその研究の目
的や意図がより明快です.本年の口頭・デモ発表では,エンタテインメントコン
ピューティングの発展に向けて自在に変化する様々な“EC”研究の発表を募集い
たします.

皆さまの先進的なEC研究発表の申し込みをお待ちしています.

■開催概要

2017年9月16日(土)-18日(月)

東北大学 電気通信研究所 本館(片平キャンパス内)
〒9808577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1

http://ec2017.entcomp.org/

主催:

一般社団法人 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会

Read More

11 1月

IFIP International Conference on Entertainment Computing 2017

IFIP International Conference on Entertainment Computing 2017 (IFIP ICEC 2017) will be held at Tsukuba, Japan.

Homepage  http://icec2017.net

IMPORTANT DATES
Full and Short technical, contents, survey papers: April 10th, 2017
Poster papers: April 10th, 2017
Notification to authors: June 10th, 2017
Camera ready due: June 20th, 2017
Doctoral consortium applications: August 1st, 2017
Conference: September 19-21th, 2017

Read More